本文へスキップ

「あなたの出会いを応援する」恋愛・結婚情報サイト

関連サイトリンクLINK


参考サイト:婚活恋活jp

当サイトのライバルサイトです。悔しいですが、当サイトより口コミ数を上回っています。

婚活は自分に合った方法で

婚活という言葉が一般的になってすでに数年経過しました。今もブームは去ることなく、それぞれの方法で結婚相手を探している人が少なくありません。ではどのような方法があるのか、代表的なものを簡単に説明しましょう。

まず昔からのものとして結婚相談所があります。これは自分のスペックや希望を登録しておくと、相談員からこういう人がいるけど会ってみませんかと提案してもらえるシステムのものです。

一昔前は近所のおばさんが持ってきていたお見合い話を、業者を通して行うと考えればわかりやすいでしょう。第三者を交えてじっくり結婚相手を探すことができます。会う前や後にもいろいろと相談することができます。

最近増えているのは婚活パーティーです。大勢の人と短時間で会えるのが魅力的ですが、それだけに自分をアピールする時間も少なくなってしまいます。自分からどんどん行けるタイプの人に合っていると言えます。

もっと手軽なものだと婚活サイトというものもあります。インターネットを通して結婚相手を探すものです。基本的には自分のスペックや希望を登録して、それを見た相手からのメールを待つか、また自分から気になった人にメールを送ってやり取りをします。

ですからこちらもある程度の行動力があったほうがいいでしょう。結婚相談所と違い、間に人が入ることは無いので、どんな人なのか自分で見極めることが必要になります。

このように結婚相手を見つけるシステムは色々ありますが、どれもメリットとデメリットがあります。自分に合った方法を選びましょう。


婚活での基本的なマナーとは

婚活を行なっていく上では、必ずマナーがあります。マナーが守れないような女性又は男性は、異性にとってデリカシーのない人と見られてしまったり、品のない人等とマイナスイメージを植え付けてしまいますから、そういう面はきちんとわきまえておいた方が良いです。

例えばこういった婚活といったシーンでは、気になる相手に対してアプローチをしていくものなので、多くの異性からの誘いをもらう可能性もありますが、こういった状況の場合、生真面目にとらえる必要はないという考え方をする方もいらっしゃいます。

ですが、結婚に対する活動を行うこういった場では、優柔不断な態度というのはあまり好まれないので、誘われても気乗りがしないという場合には、丁重に、そしてはっきりと意思表示をし、お断りをするのがベターです。

なぜそれがベターなのかと言うと、それをしない状態のままだと、相手も次の恋愛や、次に気になった方に声をかけそびれてしまうという事態が起こったりもするので、相手に対してその気がないのに振り回すと言った行為は失礼だからです。

また、活動を一切他人任せにすることも良いとは言えないので、自分の持つコミュニケーションスキルを活かして、常識的なアクションを起こしながら結婚相手を見つける努力をする事が必要です。

サポートをしてくれる人がたくさんいる場でもありますが、自らが率先して行わなければ、自分の結婚は決められないので、アクションを起こしたいときは起こすというのは最低限の行なうべきことと言えます。



ナビゲーション