本文へスキップ

「あなたの出会いを応援する」恋愛・結婚情報サイト

トップ婚活塾 > ネット編 第3回

ネット婚活対策講座 第3回

返信率が飛躍的にアップするファーストコンタクトメールの書き方とは

ネット婚活におけるファーストコンタクトメールは最初にして最大のポイントです。条件のいいプロフィールをもった会員(容姿が良い、年収が高い等)になればなるほどたくさんのメールが殺到するので、その中からお返事をもらえるためには相応の努力と工夫が必要となってきます。
 
 
多くの会員は誰にでも同じような形の文章を送っています。ですがそれだと相手に誠意が伝わりません。よっぽどご自身のプロフィールが魅力的でない限り返事が来る確率はかなり低いです。だからといって全部相手に合わせた文章を作成するのも大変です。
 
 
そこで当委員会ではテンプレートと相手に合わせたオリジナルを組み合わせたハイブリットメールをご紹介します。必ず返事がもらえるという保証はできませんが、返信率が飛躍的にアップするのは間違いありません。
 
 
最初の挨拶はテンプレートでいいでしょう。例えば
 
 
「はじめまして、こんにちは!○○と申します。あなたのプロフィールを見て興味を持ち、気が合いそうと思いメールさせていただきました。」
 
 
続いてここから特に大事になってくるのですが、お相手のどこに惹かれたのかを具体的に書きます。お相手のプロフィールをじっくりと読み「□□さんの▲▲のところが素敵だなと思いました。」などを書き、さらに
 
 
「もしお会いできたらご一緒に●●をしたいものですね」と付け加えることによって、お相手からあなたと会った場合どのような楽しいことがあるのかイメージしてもらうことができます。
誠実性、礼儀正しさを意識した文章を作成してください。
 
 
文末はテンプレートでいいでしょう。「もし興味があればお返事ください」「よかったらお返事ください」など控えめな文章でもいいのですが、ここは積極的に「ぜひお返事ください」「ぜひお返事を!お返事が来るのを楽しみに待っています。」などあなたに興味があってお返事を心待ちにしていることを強くアピールしましょう。
 
 
もっといろいろ書きたいという方もいると思いますが、ファーストメールでこれ以上は重たいメールになってしまうので止めたほうが無難です。最初は挨拶程度から徐々に距離を縮めていくのが普段の恋愛ではありませんか?お相手の顔が見られないネット婚活のほうがさらに時間を掛けて慎重にアプローチする必要があります。
 
 
以上の流れで他の大勢のライバルと差別化を図ることができます。
 
 
この方法では一度にたくさんの会員にメールを送ることはできません。ですがやみくもにメールを送るより、本当に会いたいと思ったお相手だけに心を込めてメールを送り続けることが婚活を勝ち抜くためへの近道となるのです。