結婚相談所の無料相談で必ず聞くこと・確認すること

結婚相談所
この記事は約8分で読めます。

結婚相談所を決める前に、どのような雰囲気なのかを確認するために無料相談に行くことがあります。しかし、いざ行くとして、どんな服を着るべきなのかスタッフに聞くことは何か、など迷うことが多いですよね。結婚相談所の料金はお高めなところが多い分、大丈夫かと不安になります。

より良い婚活をするためにも、結婚相談所の無料相談に行った時に、聞くことや確認するべきポイントは10個あります。少し多いかもしれませんが、後々後悔しないためにも事前に把握しておくことをおすすめします。

無料相談で聞くこと:活動費用


結婚相談所の無料相談に行く場合は、必ず費用について聞くことが大切です。なぜなら、結婚相談所の費用は提供されるサービスの質や量により変わってくるからです。

活動費用については、結婚相談所のホームページに掲載されている場合が多いですが、それは入会金や月額料金、成婚料などの基本的な情報だけです。その他の費用であるオプション費用については、掲載されていないこともあるため、請求されて初めてわかるケースもあります。

基本料以外にかかるオプション費用には、以下のようものを設けている結婚相談所が多いです。

  • 退会時の値段(違約金など)
  • お見合いの費用
  • 連絡先交換した際の費用
  • プロフィール画像撮影の際のコーディネート代や衣装レンタル代
  • デート予行練習代
  • 婚活用の服を購入する際のショッピング付き添い
  • 模擬お見合い費用

上記のように基本料金にオプション費用がつく場合があるため、無料相談の際は必ず聞くようにしましょう。

 

無料相談で聞くこと:サービス・サポート内容


より良い成婚を目指すなら、結婚相談所が実施しているサービスやサポート内容は欠かさずチェックするようにしましょう。結婚相談所ごとに特色はあり、サービスの便利さや使いやすさ、マッチングしやすさなどは異なります。

サポート内容も基本的に料金を抑えている結婚相談所では、サポートの質や回数などが抑えられている傾向があります。反対に料金がお高めな結婚相談所では、サポートの質が良く回数が多いなど、手厚い支援が受けられることが多いです。

また、マッチング相手の探し方についてだけでも、結婚相談所では3種類の方法を設けていることが多いです。具体的には、

  • ネット上のシステムからお見合い相手を自分で探す「自由検索プラン」
  • 結婚相談所が契約者に合った相手を選んでくれる「紹介プラン」
  • 両方を兼ね備えている「自由検索+紹介プラン」

になります。自分だけで相手を探したい人は「自由検索プラン」を、初めてでどのプランが良いか分からない人は「自由検索+紹介プラン」が良いでしょう。また、「自由検索プラン」や「紹介プラン」は、申し込める人数や紹介される人数の上限は結婚相談所やコースによって異なるため、自分に合ったコースを選ぶようにしましょう。

このようにサービスやサポートの内容や質は、結婚相談所によって異なります。検索システムだけ提供してサポートがないところもあるため、事前にしっかりと聞いておくと良いでしょう。

 

無料相談で聞くこと:成婚の定義と直近の実績


結婚相談所の利用を検討した場合に必ず確認しておきたいのが「成婚」の定義についてです。成婚と聞くと婚姻届を役所に提出したり、結婚式を挙げたりすることを想像すると思いますが、結婚相談所のいう成婚とはその前段階のことを指すケースが多いです。

たとえばプロポーズされた時が成婚と定めていたり、本交際が成婚と定めている結婚相談所もあります。成婚の定義は各結婚相談所によって異なるため、事前に確認を怠らないようにしましょう。成婚となると、成婚料を支払わなければならないところもあるからです。

また、結婚相談所の直近の成婚数や会員数なども一緒に聞いておくようにしておくと良いでしょう。成婚数は各結婚相談所によって計算方法は異なるため、あくまでも目安の1つにしてください。会員数は、全体だけではなく希望相手の年代のボリュームゾーンの確認が大切です。会員数が多くても希望条件に当てはまる人がいなければ意味がないからです。

 

無料相談で聞くこと:希望条件に合う人数


結婚相談所では、システム上で検索して気に入った相手がいれば申し込めるようになっています。これを「お見合い申込み」と言いますが、このお見合い申込みが成立して初めて、お相手と仮交際に向けた活動ができるようになります。もちろん、向こうからこちらのことを気に入ってお見合い申し込みをされるケースもありますが、大抵の場合はなかなかそんなことは起こりません。自分側からお見合いの申し込みをする必要があります。

この申し込みですが、基本的に無制限に出来るわけではありません。無制限に申し込めるところもありますが、費用が比較的安い結婚相談所の場合は、月20人までのように人数制限しているケースが多いです。

とあるデータでは、お見合い申し込みの成功率は平均「6.6%」という結果が出ています。20人に申し込んで初めて1人お見合いできるというわけです。このデータからいうと、月20人未満しかお見合い申込みできない結婚相談所では、月に1人も申し込める相手がいない計算になります。費用対効果を考えると割に合わないですね。

 

無料相談で聞くこと:休会や退会、交際の規定


結婚相談所では、入会条件以外にも休会や退会、交際に関して細かい規定が設けられています。その理由は、曖昧な規定では会員の方に安心して利用してもらえないからです。休会とは仕事が忙しい時に結婚相談所の利用を停止することで、サービス停止中は月額料金が低額もしくは発生しません。

しかし、休会するタイミングによっては、その月の料金は発生するとしているところもあるため、事前確認が必要です。また退会についても、仮交際中はもちろんお見合い申し込み中、お見合い申し込みを受けた場合などは、退会できないという規定を設けているところがほとんどです。

そして特に交際の規定については、問題が発生しないようにかなり細かく指定があるケースがあるため、入会する前にきっちりと無料相談で聞くようにしましょう。

 

無料相談で聞くこと:デメリットや弱み


結婚相談所の無料相談に行く場合、メリットばかりに目を向けがちですが、デメリットや弱みについてもきちんと理解しておく必要があります。とは言っても、なかなか「デメリットや弱みはなんですか」と聞くことは難しいと思います。聞けたとしても、結婚相談所では会員を増やしたいため、答えてくれる確率は低いかもしれません。その場合は相手側が突っ込んで欲しくない部分や、細かい説明を避けた部分について聞くと良いでしょう。

 

無料相談で確認すること:担当カウンセラーとの相性


結婚相談所を利用する場合は、担当カウンセラーとの相性がとても重要です。婚活を続けていると、「もう結婚できないかもしれない」「自分には魅力がないのかな」と落ち込んでしまうこともあります。そういった時に悩みを吐き出せる場所があると安心できます。

婚活のプロである担当カウンセラーと親密な関係を築けたなら、悩みも打ち明けやすいですし、的確な助言をもらうことができます。再び前向きな気持ちで婚活に励むことができるでしょう。

ただし、無料相談時に対応してくれた人が、今後担当についてくれるとは限りません。大手の結婚相談所ほど無料相談時とその後の担当者とは分けている場合があるからです。事前にきちんと確認を取りましょう。

 

無料相談で確認すること:良いことしか話さないか


結婚相談所の無料相談で良いことしか話さないところは信頼できないと思ったほうがいいでしょう。たとえば、通常なら断られる希望条件を言った時に「弊社では紹介できます」と答えるところです。親切な結婚相談所ならたとえ自社にデメリットがあることでも、きちんと相手に「紹介できない」と伝えます。

しかし、顧客のことを考えるより自社の利益を重視しているところは、デメリットの部分は話しません。デメリットを話して入会してくれなくなると、入会金や月額料金がもらえず困るからです。こういったところは、高収入や顔偏差値高め、年齢は下が良いなどの相手選びが難しいような場合でも、一旦は紹介できるといいながら相手側から了承がもらえなかったといって紹介しない場合がほとんどです。

いい加減な結婚相談所かどうかは一社だけでは判断が難しいです。複数の結婚相談所の無料相談に出向き、同じような条件でお見合いが組めるかどうか聞いてみましょう。きちんとあなたの市場価値を把握した上で、紹介できるかできないかを納得できる形で回答してくれるところが良い相談所です。

 

無料相談で確認すること:当日入会を迫るか


無料相談に行くと、当日入会を強く勧められることがあります。しかし、その言葉に流されて入会を当日に決めるのはやめておきましょう。本当にその結婚相談所が気に入って入会するのなら別ですが、迷っているのなら一旦家に持ち帰るのが基本です。

きちんと他の結婚相談所のシステムやサービス、料金を確認してからでも遅くはありません。本当に自身に合った結婚相談所を選ばないと、婚活の期間が伸びたり、結局退会することになりかねないからです。結婚相談所の利用は高額になる分、選ぶのも慎重に進める必要があります。

 

結婚相談所の無料相談に出向く服装は


結婚相談所の無料相談に行くときの服装には特に規定はありません。しかし、だからといってラフすぎる格好で行くのはおすすめできません。無料相談で担当者に会った時にすでに「あなたがどのような人か」をチェックされているからです。

たとえ条件が良い経歴や収入の方でも、ズボラな服装では「この人は本気で婚活をする気はあるのか?」と疑問を抱かせてしまいます。いい加減な人だと思われてしまえば、相手を紹介する時に慎重になってしまいかねません。

人の印象は見た目が9割だといわれています。好印象の人のほうが良い相手を紹介したい、親身になってあげたいと思うのは、相手も人間ですから仕方のないことです。担当者の印象を良くするためにも、きちんとした格好で向かいましょう。

男性はスーツ、またはジャケットを1枚羽織るだけで印象は良くなります。女性は、ワンピース、またはカーディガンやブラウスなどを着ていきましょう。男性は無精ヒゲはきちんと剃って、女性は厚化粧をしすぎないで清潔感が出る格好が望ましいです。

 

まとめ

結婚相談所の無料相談に行く場合は、相手の話を聞くことも大切ですが、こちらからも積極的に質問する姿勢が大切です。聞きたいことが聞けないと、後に後悔することに繋がるからです。上記の10個のポイントに気をつけて、自分と相性が良さそうか、きちんとしたところか、しっかり見極めてください。

こちらも合わせて確認してみましょう。
安い料金!成婚料なし!オンライン結婚相談所の魅力

 

タイトルとURLをコピーしました